自分でサイトを更新したいけれど、知識がない、不安があるという方、サイトをWordみたいに簡単に管理・更新できるCMSというシステムがあります。
もちろん、サーバなどの都合やご予算に合わせて、CMSではなく従来のHTMLでの構築も可能です。
はまぞう・どすごいのブログサービスのテンプレートコーディングも行っています。ご相談ください。

導入可能なCMS

Jimdo Concrete5 WordPress

Jimdo

はじめてWEB(旧みんなのビジネスオンライン)』で代表されるクラウド系CMS。直感的に編集でき、サーバ管理を必要としないのが特徴です。
また、はじめてWEBの現在のサービスで、独自ドメイン付きなのに、1年無料。翌年からも1,470円/月と大変お得。Jimdo公式版(はじめてWEBとは違う)においては、広告付きですが無料版もあります。
ただし、固定ページ(会社案内など更新頻度が低いもの)に特化しており、ブログとしての使い勝手は現在はよくないので、ブログを検討されている方は、他のブログサービスを選択、または併用することをお勧めします。なお、このCMS上データのバックアップはできません。

サイトデザインも標準で多種ある他、独自デザイン作成・適用もできますので、ご相談ください。

参考サイト

費用(過去導入例)

  • サイトリニューアル10ページ:15万円未満(オリジナルデザイン込み、ページ内容はそのまま移行)

Concrete5

Jimdoに近い直感的な編集が可能なCMS。お客様のサーバに導入することができるのが特徴。Jimdoと比較するとデータのバックアップができます。
また、承認機能や編集担当者によって編集できる領域の設定ができますので、サイト運用に当たって承認者と編集者・作成者が異なる場合(たとえば、公共・企業の担当部門別ページ運用など)に活用できます。

参考サイト

費用(過去見積もり例)

  • 新規サイト構築 5ページ程度:15万円未満(デザイン作成あり、サーバ費用含まず)

WordPress

言わずと知れた、無料CMSと言えばというシステムです。拡張性が大きく、何よりも無料で導入できるのが特徴です。
基本的にサーバが必要です。ブログを使用する方にはお勧めです(Wordpressによるサーバが不要なクラウドサービスもあります。ただし、制限事項あり)。

ブログサービス(ア○ブロなど)よりもSEO(検索エンジン最適化:検索にかかりやすくすること)がよいとされています。
一方、プラグインを使用することで初めて様々な機能(承認機能や編集の簡易化機能)が使用可能となるため、その点から見れば、始めから編集の簡易化機能などがついているConcrete5やJimdoの方が初心者向けかもしれません。

ただ、プラグインは多様にあるので、wordpressだからできる機能もあり、多少wordpressをいじったことがあるという方には使いやすく、ブログ機能に特化しているなどよい点も多いので、「こうしたい!」にお答えしながら構築させていただきます。

参考サイト